売れ売れ大作戦・・・

ホーム   |   看板   |   のぼりの素材感や色使い   |   のぼりの使い方   |   のれんやのぼり   |   のぼりデザイン   |   ネットショップ   |   配達可のアピール   |   料金の相場   |   のぼり旗業者の対応   |   宣伝ツール   |   組み合わせ方   |   ブランドイメージ   |   設置スペース   |   英語表記のぼり旗   |   のぼりで注意喚起   |   内容にこだわる   |   わかりやすい   |   付属品のこと   |   受験応援のぼり   |   サイトマップ   |  

のぼりで惹きつける

のぼりの使い方

 

のぼりの効果的な使い方とはどんなものでしょうか。

たとえば商店街など、歩行だけでなく、自転車やバイクでの
通行者が多いようなロケーションの場合。
このような場合には、のぼりが有効だといえます。

オリジナルデザインふろしきや看板やメニューボードなどは
歩くスピードで見る分にはいいですが、自転車やバイクのスピードでは
内容を読み取ることができません。伝えたいこと

その分のぼりは端的にメッセージを伝えることができますし、
動きがある分、目に留まりやすい特徴があります。
この特徴はまさにのぼりの最大のメリットです。

今まで店舗の存在をアピールできていなかった。
自転車など、乗り物で店舗の前を通過する人が多い。
といった現状があれば利用してみるのはかなりおすすめです。

そのアピール力に驚くのではないでしょうか。
とにかくのぼりはアイキャッチに強いのです。

一見のお客様を増やしたい。
お店の位置が把握しづらいといような弱点が今あなたのお店にあるとしたら。
のぼりを使う必要があるのではないでしょうか。

また、のぼりは店舗の外だけでなく、スペースがあれば
店内にも使用してみましょう。

ミニサイズ

たとえば企画もののコーナーがある場合。

飲食店ならば、おすすめのメニューをミニサイズののぼりにする。
こうすることで各テーブルでおすすめをアピールすることができます。

また、店外に設置するのとは違い、店外の環境にそれほど影響を及ぼしません。
ですから、今の雰囲気を損なうこともありません。

のぼりを設置することでコーナーを目立たせることができますし、
店内のいつもとの違いを即座にアピールすることができます。