売れ売れ大作戦・・・

ホーム   |   看板   |   のぼりの素材感や色使い   |   のぼりの使い方   |   のれんやのぼり   |   のぼりデザイン   |   ネットショップ   |   配達可のアピール   |   料金の相場   |   のぼり旗業者の対応   |   宣伝ツール   |   組み合わせ方   |   ブランドイメージ   |   設置スペース   |   英語表記のぼり旗   |   のぼりで注意喚起   |   内容にこだわる   |   わかりやすい   |   付属品のこと   |   受験応援のぼり   |   サイトマップ   |  

のぼりで惹きつける

費用対効果がよい宣伝ツール

 

受験応援のぼり旗を活用すれば、生徒を効率よく呼び込むことができます。
新聞の折込チラシや公式ホームページなどで集客する方法は鉄板ですが、相応の費用がかかります。

ホームページはリーズナブルな宣伝方法と言われていますが、継続的な運営が必要なので
長期的に見れば安いとは言えません。のぼり旗を活用する方法の魅力は、
コストを最小限に抑えつつ継続的な集客ができることです。

コストを抑える

宣伝費用をあまりかけられない場合、地道な集客効果を期待できる方法として最適です。
確かにテレビCMやチラシによる宣伝は高い効果がありますが、宣伝費用が
高額になる問題がありますから、採算が取れなくなってしまうケースも見受けられています。

のぼり旗はもともと安価なものですし、設置するだけで見てもらえるのです。
それがきっかけで公式ホームページをチェックするなど、興味を持ってもらえるケースは
少なくありません。

カラーは赤をベースとしたものが多く、ダルマのイラストを起用したタイプも目立ちます。
宣伝において大切なのは視認性であり、まずは気づいてもらうことが重要です。

そのため文字もシンプルにする必要があります。
ひと目で何の宣伝なのか把握してもらうことが一番大切です。

なぜシンプルな作りが好ましいのか

塾に生徒を呼び込むためのツールとしてのぼり旗が活用されています。
文字はシンプルが好ましく、生徒募集の4文字でも問題ありません。

生徒募集のぼり

何より目立つことが大切であり、クルマのドライバーさんからの視認性も考慮する必要があります。
クルマで移動中は視認性が低下しており、これは一般的な視力よりも
動体視力のほうが低くなるためです。

どのようなのぼり旗にも言えることですが、何を宣伝しているのか認識してもらえないと
まったく意味がありません。複雑なデザインにすればひと目を引くと考える人は多いですが、
実際は逆効果になるケースが多々あります。

多くの人は移動をしながらのぼり旗を見ている現実があるので、
それを考慮した設置が必要になるのです。まずは一瞬で内容を認識してもらえることが
最優先で、それにより立ち止まって見てもらえる可能性につながります。

塾が生徒募集をするうえでは、いかにコストを抑えるかが重要です。
塾の激戦区と言われる場所ほど競争が激しく、利益を上げるのが難しい現実があります。

ライバルに勝つためには授業の品質が大切ですが、それ以上に大切なのが知名度です。
まずは商品とサービスの内容を熟知してもらうことが重要になります。