売れ売れ大作戦・・・

販促アイテム   |   看板   |   のぼり   |   のぼりの使い方   |   のれん   |   のぼりデザイン   |   ネットショップ   |   配達可のアピール   |   サイトマップ   |  

のぼりで惹きつける

HOME 納期が早いのぼり旗は京都で制作

 

お店を営業していく上で欠かせない販促アイテム。

販促アイテムといえば、ちらしやDMを思い浮かべがちかもしれませんが、
もっとも重要なのが、看板やのれん、のぼりなどの視覚的なアイテムです。

看板として

視覚的に訴えるものは、想像以上に力をもっています。
何よりもまず、お店の存在感を左右する重要なアイテムです。

看板やのぼりのように、お店がここにありますよ。
と目印ともなるもの。

また、のれんや看板のデザインはもっと直感に訴える力があります。
そのデザインや素材などから、どんなお店かを表すことにもなるからです。

例えば看板といったものは、 お店のイメージや存在感を左右する
重要なアイテムですし、何度もコロコロと変えたりするものではないだけに
その出来上がりはお店にとって重要なポイントとなります。

暖簾やのぼりの製作会社

お店のイメージや内容をしっかりと伝えるものでなければなりません。
ただ店名がわかればよいとか、 ただ目立てばよいということでもありません。
お店の雰囲気や取り扱う商品のイメージまでもを伝えるものであってほしいと思います。

そこが視覚的な販促ツールの難しいところです。
ですから、こうした販促ツールの使い方に成功しているばかりではないのが残念ながら現状です。
そこで、効果的で印象的なこれらの販促アイテムについて指南したいと思います。

特に風呂敷をくばったり(布によるエコ活動)、店前ののぼりなどは
目立つことまちがいなし。どうすればお客様を呼び込むことができるのか。
どうすれば売上につながる販促となるのか。印象に残るお店づくりとは。
リピータの出来る売場作りとは。

有効な広告を考えていきましょう。

 

平成16年に公布された「景観法」と地方自治体の取り組み

平成16年に公布された景観法では、国土の美しい状態の保全を目的として、これを維持するために勤めるばかりでなく、その景観を損ねるような様々な建造物の設置や障害物の設置などを禁止することが盛り込まれています。
そのため、基本的にはそれぞれの地方自治体が工夫する条例に基づき、様々な障害物の設置や広告宣伝のための看板等の設置に関しては、この条例を遵守するとともに景観に十分に配慮しなければならないことになっているのです。

景観法の第1条では、これらの保全に努めるためにそれぞれの地方自治体が独自に条例などを制定し、その維持に努めることができることが定められており、これに従って様々な自治体で条例が制定されています。そのため、これらを損ねるような広告宣伝のための設置物をむやみやたらに配置してはならないことになるのです。
それぞれの自治体では、この法律に基づき独自に条例を制定するとともに、これを適用する地域を定め、その趣旨に基づいて具体的な広告宣伝のための設置物の設置基準を定めています。その内容はそれぞれの地域によって異なり、一切の広告宣伝のための設置を認めないケースがあったり、届け出を行うことで一定の範囲で設置をすることができる場合や、さらには一定の条件を守ることで設置を認めている場合もあるので、これらに関しては逐一それぞれの地域のルールを守ることが重要となります。

これまでは一定の範囲で自由に広告宣伝を行うことができると言う感覚が強かったのですが、景観法に基づいてその地域に応じた対応をすることが必要となるほか、場合によっては積極的に景観に配慮した形での広告宣伝を行うことも非常に重要なポイントとなっています。
近年では様々な場所で環境保全や景観保全のための活動が行われており、従来のような自由な広告宣伝を行う事はなかなか難しい状況となっているのが実態です。

加えて、様々なイベントなどの1時的な建築物の設置であっても、自治体の許可を得て行うことが必須となっており、場合によってはその許可を得ることができない場合もあるため注意をしなければなりません。

景観法ではそれぞれの自治体の考え方によって自由に条例を制定することができるようになっており、その内容も比較的柔軟なものが多いため、これらに抵触する恐れがある場合だけでなく、様々な活動を行う際には事前に確認を行い、必要であれば許可を得て対応することが求められるのです。