売れ売れ大作戦・・・

販促アイテム   |   看板   |   のぼり   |   のぼりの使い方   |   のれん   |   のぼりデザイン   |   ネットショップ   |   配達可のアピール   |   サイトマップ   |  

のぼりで惹きつける

のぼり旗のデザインのポイント

文字のフォントや字間が重要

販促物商売には宣伝が大切だということは昔からよく知られているところで、効率的に宣伝効果を出すためにはこれまでにさまざまな方法が考えられてきました。

広告戦略としての販促物などがそれです。この中には昔から活用されてきた看板なども有名ですが、のぼり旗も多くの人に愛されてきた販促物です。

商売では大切な役割を果たすことは言うまでもありません。
これはコストパフォーマンスに優れた看板とも言えます。

のぼり旗の基本的な役割というものは、不特定多数の人たちへ
メッセージを端的に伝えることができるという点です。

これを効果的に活用するためには伝えたいメッセージの内容と旗の色、
そしてそれを設置する場所と方法がかなり重要になります。

のぼり旗を制作するときに重要な点はやはりデザインです。
肝心なことはちょっと見ただけで理解できるようなデザインが
必要になります。

そのためには文字のフォントや字間などがポイントとなるでしょう。

 

独得の寄席文字で一瞬のうちに宣伝できる

イベントで使われる日本では広く商売などでこののぼり旗がよく使われていますが、それ以外でもなにかのイベントや大会などにも多く活用されています。

また、歌舞伎や寄席などで使われているものは独特の文字が目を引き、一瞬でそれを分るような工夫が凝らされているわけです。

あの独特な文字はいわゆる寄席文字で勘亭流と言われています。

デザイン的には太くうねりのある書き方で、余白が少なく印刷
されているのが特徴です。

こうしたのぼり旗は販促物の中でも比較的リーズナブルなものですが、
より多くの集客が期待でき、また即効性があることで注目を集めています。

たとえば、販促物にはほかにもチラシやポケットティッシュなども
昔から使われてきたツールですが、チラシを新聞に折り込む作業や
街頭で人に手渡す手間がかかってしまうことも、コスト面では
大きく影響してしまうのです。

のぼり旗ネットでは販促物としてのぼりに関するさまざまな情報を
得ることができます。